採用戦略を立てるうえで意識をしたほうがよいポイントについて

採用戦略を立てるうえで意識をしたほうがよいポイントについて

せっかく採用戦略を立てるのであれば、確実に自社が求める人材を確保するためにも、意識すべきポイントを知っておきたいものです。今回詳しく解説を行いますので、参考にしてみてください。

Read more

採用戦略を立てたのにも関わらず失敗してしまう理由について

自社内で採用戦略を考えたものの、実行に移した結果失敗してしまうケースが少なからずあります。これはどのような理由が起因しているのでしょうか。以下で詳しく解説していきます。

Read More
採用戦略を立てたのにも関わらず失敗してしまう理由について

企業が採用戦略を立てるとどのようなメリットがあるのか

戦略

採用戦略は人材確保のために立てられるものですが、具体低にどのようなメリットがあるのでしょうか。今回は具体的な採用戦略の利点について解説していくので、詳しく見てみましょう。

応募数が増えやすくなる

大手企業ではない限り、新卒で中小企業に多数の応募が来ることは滅多にありません。知名度が低ければ低いほど、応募数は少なくなっていき、最悪の場合はゼロになるケースもあるでしょう。何度募集を賭けても応募者が集まらない場合は、戦略を立てることをおすすめします。

採用戦略を立てると、客観的に自社の特徴や魅力などを再確認できるため、応募者にそれらをアピールできるようになります。応募者に「こんな企業に入社したい」という気持ちが芽生えれば、自ずと応募数が増えていくのです。母数が増えていけば、即戦力になる人材をスムーズに確保できます。

何度募集を出したとしても、応募者がいなければ何も始まりません。業務が思うように成り立たなくなり、人材不足による負担がかかります。しかし早期に戦略を立てて対策すれば、状況を打破できる可能性はゼロではありません。

入社後のミスマッチが減る

万が一人材を確保できたとしても、入社後にミスマッチが発覚してしまうと、損失が発生してしまいます。なぜならそれまで人材確保のためにかけてきた時間やコストなどが、すべて無駄になってしまうからです。しかし多くの企業にとって、ミスマッチは完全に避けることはできない問題でしょう。

ミスマッチの原因はさまざまですが、主に社員が「入社してみたら仕事内容がイメージと異なっていた」「この企業では自分のスキルを活かしきれない」など、何かしら業務や待遇に対して不満を感じているケースがほとんどです。不満がなければ、社員は退職を願い出ないでしょう。さらに、企業側が「本来探していた人材では無かった」と感じる場合もあります。

採用戦略があれば、社員が企業に長く定着してくれる方法を考えられるため、ミスマッチによる退職希望が減ります。また、自社がどのような人材を求めるのかも明確になり、ミスマッチを感じることもなくなるでしょう。

内定辞退者が減る

せっかく採用者が決まったとしても、いざ入社をする前に内定辞退される場合があります。なぜなら採用者が優秀であればあるほど、他社もその人材を採用したいと思うからです。もし他に魅力的で条件の良い企業があり、そこから採用通知があったとしたら、多くの人材はそちらへ流れてしまうでしょう。

求職者は常に企業を比較しながら、自社が働くべき場所はどこなのかを考えています。もし人材確保したいのであれば、採用戦略を立てたうえで、自社の魅力をアピールできる体制を整えなければなりません。

どのようなスキルが仕事に活かせるのか、どんな待遇があるのかなど、求職者が入社したいと思うようなポイントを伝える必要があります。アピールが十分にできれば、万が一他者から採用通知があったとしても断って、自社へ入社してもらえるでしょう。

採用コストが削減される

求人募集には、ある程度のコストがかかります。しかしせっかく人材確保できても、毎回ミスマッチが発生して退職されてしまっては、これまでかけたコストが水の泡になってしまうでしょう。しかし採用戦略があれば、ミスマッチによる退職希望者が減り、コストを無駄にするリスクを回避できます。

入社後にミスマッチが起こると、研修のために割いていた時間や人件費なども無駄になってしまいます。1人の人材を確保するために、かなりのコストをかけているため、ミスマッチはできる限り避けなければなりません。

また、求める人材やスケジュールなどを明確にできるようになり、最適な手法がわかるようになります。自社の場合はどのように人材確保すべきなのかが可視化されれば、無駄なコストをカットしながら活動を行えるでしょう。

人手不足の解消

近年では労働人口が減少していると指摘されています。今後も少子高齢化が加速していくと指摘されているため、労働人口は減少する一方であると考えられるでしょう。今や外国人労働者に頼らなければならない企業も存在していますが、戦略を立てることはこのような人手不足の解消効果も期待できます。

ここまでで上述したように、ミスマッチや内定辞退者の現象が見込めれば、社員が自社に定着してくれるようになります。常に一定の人材を確保できている環境なら、人手不足による負担を感じることはありません。社員一人ひとりが仕事をしやすい職場になるため、非常に居心地よく感じられることで、長期にわたって勤務してもらえるようになります。

企業の成長おいて、どのように人材を確保していくのかは重要なポイントとなります。自社が今後も発展し続けられるように、適切な活動を行いましょう。